消費者金融 借り入れ限度額

消費者金融の借り入れ限度額とは

限度額が増えて喜んでいる男性

 

消費者金融から借り入れをする場合、必ず借り入れ限度額という物が設定されます。

 

借り入れ限度額とは、同じ消費者金融から借り入れをすることができる限度額となっています。

 

 

借り入れ限度額は、自分自身で希望の借り入れ限度額に設定できる場合と、消費者金融が決める場合があります。

 

パートやアルバイトなど、収入が少ない場合には、借り入れ限度額は少なくなってしまいますが、収入が多い場合でも、大抵の消費者金融では、借り入れ限度額は50万円以下となっています。

 

なぜ50万円以下になってしまうのかというと、借り入れ限度額の50万円以上を希望する場合、所得証明の提出が必要になってしまうため、50万円以上に設定する場合には、自分自身で借り入れ限度額を増やしてもらうことができるように契約の時に手続きをする必要があるのです。

 

収入が少ないと、50万円以上の借り入れ限度額を希望しても、思い通りの借り入れ限度額にならない場合もあります。

 

消費者金融からの借り入れは、年収の3分の1以上の借り入れ限度額になることは決してありませんから、借り入れ限度額を高くしたいと希望しても、年収に合わせた借り入れ限度額となってしまうのです。

 

実際に、借り入れ限度額いっぱいまで借り入れをしてしまうと、返済するのが困難になってしまう事が多くなってしまうとされています。

 

借り入れが膨らむと、返済が困難になってしまうため、多重債務に陥ってしまう事も多いですから、借り入れ限度額をできるだけ低く設定し、借り過ぎてしまわないようにセーブをかける事も大切です。