消費者金融

消費者金融で失敗しないために

借金に失敗した男性

 

消費者金融の利用により多い失敗としては、借り入れをしすぎてしまうという失敗が一番多くなっています。

 

消費者金融から借り入れをする事は非常に簡単であるため、気が付いたら借り入れ額が膨らんでしまっていたという人も少なくありません。

 

 

借り入れ額が増えてしまった人の中には、返済をする時になって初めて借り入れ額の多さに気が付く場合もあります。

 

いつまで返済が続くかわからない状態で、毎月返済を繰り返している人も多く、何年も借り入れと返済を繰り返し、中々完済することが出来ない人も多いとされています。

 

 

借り入れをすると、金利が発生するのですが、消費者金融によって、金利は異なります。

 

非常に低い金利で契約をすることができるような消費者金融もあれば、上限の金利で貸し付けを行っている消費者金融もあります。

 

どちらも違法ではありませんから、借り入れをする場合には、金利を確認し、少しでも安い金利で借り入れをする事ができる消費者金融を選ぶ必要があります。

 

たかが金利だと思っていても、何か月も借り入れをする事になれば、それだけ金利分の支払いも増えてしまいます。

 

 

借り入れをする場合には、どんな時であっても、計画性を持って借り入れをすること、借り入れをしたらすぐに返済することができるという借り入れ方法が理想です。

 

計画性を持って借り入れをしないと、返済できなくなってしまったり、多重債務に陥ってしまう事もありますから、気を付けましょう。

 

借り入れに多い失敗とは

お金を借り過ぎて困っている男性

 

消費者金融から借り入れを行い、借り入れが失敗だったと感じてしまう場合もあります。

 

一番多い失敗例としては、借り過ぎてしまい、多重債務に陥ってしまうという事です。

 

多重債務とは、一社からの借り入れの返済が出来なくなってしまう事により、違う消費者金融から借り入れをする事で、一社目の借り入れを返済するという事を繰り返して行い、多重債務になってしまう人が非常に多いとされています。

 

消費者金融からの借り入れを計画性を持って借り入れをしない人の場合、上記のような多重債務に陥ってしまう場合が多いとされています。

 

 

その他には、消費者金融の事を良く調べずに契約をしてしまったことにより、借り入れや返済の手続きを非常に面倒に感じてしまうような場合や、金利が上限ギリギリであり、返済するのが困難になってしまう人もいます。

 

消費者金融からの借り入れや返済の際に発行されるカードが発行されず、全て振り込みでの借り入れとしているような消費者金融の場合、手続きを面倒に感じてしまう人が多いようです。

 

振り込みの場合、午後2時を超えていると、当日借り入れをすることができず、すぐにお金を用意したくても、翌日にならないと借り入れをする事ができないため、失敗と感じてしまう場合もあります。

 

 

消費者金融によって、サービス内容が違います。

 

そのため、サービスが充実していない消費者金融と契約をしてしまう事で、消費者金融選びが失敗と感じてしまう事もあります。